Skip to content

5.デプロイしたリソースの削除

本章ではデプロイしたリソースの削除手順について解説します。

5-1. 削除用ブランチの実行

リソースの削除は以下の手順沿って実施してください。

  1. 左のメニュー一覧の AssemblyLine をクリックして、AssemblyLine一覧ページに移動します。

  1. チュートリアルで作成したstaging-deployのAssemblyLineを選択します。

  1. 画面上部にあるInput Parametersに以下のパラメータを入力し、 RUN ボタンを押下してAssemblyLineを実行します。
    • gitRevision: delete-resource
    • imageName: nginx:latest

  1. AssemblyLineの実行が完了したら、ログを確認します。リソースの削除に成功すると nginx-demo-deploy Pipelineの deploy Taskの step-deploy Stepの実行ログから、以下のように2つのKubernetesリソース(ServiceおよびDeploymentリソース)が削除されたことを確認できます。

- kubernetes:apps/v1:Deployment nginx-demo deleted (xxs) Deployment initialization complete
~
- kubernetes:core/v1:Service nginx-demo deleted (xxs)

ログの最後に、削除されたリソースの総数を確認できます。

Resources:
    - 2 deleted
    2 unchanged
  • 2 unchangedのリソースについては、Qmonus Value Streamの仕様上出力されているもので、デプロイされたユーザのリソースの削除には影響ありません。

以上でデプロイしたリソースの削除は完了です。