Skip to content

Qmonus Value Streamを利用する前の準備

アカウント登録

Qmonus Value Streamは、ユーザIDとしてメールアドレスを利用します。Qmonus Value Streamを利用するためには、利用するメールアドレスを使って事前にQmonusサービスへのサインアップが必要です。以下のURLにアクセスし、ユーザを作成してください。

info

アカウント登録の手順はアカウントの登録を参照してください。

プロジェクトの作成

Qmonus Value Streamは、Projectと呼ばれるリソース単位でアクセス権限をコントロールしています。Projectとは、Qmonus Value Stream内で利用する各種APIリソースをグルーピングする最上位概念です。Projectへのアクセス権限を持つユーザは、そのProjectに含まれるリソースを閲覧・操作する権限を得ます。

Projectの新規作成は、Qmonusサポートメンバに依頼してください。依頼の際に受領したQmonusユーザID(メールアドレス)に対して、新規作成したProjectへのアクセス権限を付与いたします。以降、ユーザ同士でProjectに招待してください。

info

ユーザ招待の手順は、Projectへのユーザ招待・削除手順を参照してください。

GUIの準備

本チュートリアルを進める上で、CLIおよびQmonus Value StreamのGUIを使用します。

まずWEBブラウザでQmonus Value Streamのサインイン画面を表示し、 SIGNIN ボタンを押下します。

Qmonus Value StreamのSing In画面

認証画面が表示されるので事前に申請したメールアドレス/パスワードを入力し、続けるボタンを押下して下さい。 SSOログインする場合は Googleで続ける ボタンを押下して下さい。

Qmonus Value Streamへのログイン画面

ログインできたら、画面右上のメールアドレスを押下して機能一覧から Select Project を選択しプロジェクト一覧画面を表示します。 プロジェクト一覧からQmonusサポートメンバから通知されたプロジェクト名を選択してください。  選択できればGUIの準備は完了です。

プロジェクト選択画面

Qmonus Value Stream CLI のダウンロード・インストール

ログイン出来たら、画面右上のメールアドレスを押下して機能一覧から Assets を選択しAssets 画面を表示します。

Qmonus Value Stream CLI のダウンロード・インストール

Assets ファイル一覧より、ご自身の作業端末に合わせた Qmonus Value Stream CLI をダウンロードしてください。

  • 例:ARMのMACを利用している場合
    qvsctl__darwin_arm64.tar.gzをダウンロードします。
  • Windowsをご利用の方はWSL(Windows Subsystem for Linux)をインストールしてLinux用のパッケージをご利用下さい。

Qmonus Value Stream CLI のダウンロード・インストール

Qmonus Value Stream CLIのインストール

  1. ダウンロードしたファイルをtarコマンドで解凍します。
tar -xzvf ダウンロードしたファイルのパス
  1. 解凍ファイルを/usr/local/bin/に移動します。
bash
sudo mv qvsctl /usr/local/bin/

macの場合、qvsctlを初めて実行する際にセキュリティ設定ではじかれることがあるため、下のinfoを参考にシステム設定でアプリケーションの実行を許可してください。

qvsctlコマンド実行確認

qvsctl version

info

  • 端末のarchがわからない場合、以下のコマンドで確認できます。

    bash
    uname -m
  • macでqvsctlの実行を許可する設定方法 下図の このまま許可 を押すことで qvsctl の実行を許可できます。 qvsctlコマンド実行確認

Qmonus Value Stream CLIのインストールが完了したらCLIの準備は完了です。

Qmonus Value Streamからのアクセス許可

Qmonus Value Streamの送信元IPアドレスは以下のとおりです。

  • 34.146.44.32/32
  • 35.200.92.31/32

ユーザ自身で持ち込みいただくKubernetesクラスタやGitHubなど、CI/CDの実行中にQmonus Value Streamからのアクセスが必要とするAPI/サービスについて、送信元IPアドレスを制限されている場合は、上記のアドレスからのアクセスを許可してください。