Skip to content

1. Kubeconfig の作成 (CLI)

Qmonus Value Streamは、Kubeconfigと呼ばれる認証ファイルを利用して Kubernetesへアプリケーションをデプロイします。ここでは、今回デプロイする対象のKubernetes Namespaceに権限を持つKubeconfigを生成します。

以下の手順にしたがって、ユーザ自身で準備いただいたKubernetesクラスタにアクセスし、Kubeconfigを生成してください。

info

  • Kubeconfig の作成には GKE にアクセスする Google アカウントに下記の IAM 権限が付与されている必要があります。

    • Kubernetes Engine 管理者 (roles/container.admin)
  • Google Cloud CLI をインストールしていない場合は以下のページを参考にインストールを実施してください。  - gcloud CLI をインストールする

  • Google Cloud CLI をインストール後に以下のコマンドを実行し、gke-gcloud-auth-pluginをインストールしてください。

gcloud components install gke-gcloud-auth-plugin

利用する持ち込みGCP Project ID, Kubernetesクラスタ名, GKEのZone名を環境変数に定義

bash
export gcp_project_id=(利用する持ち込みGCP Project ID)
bash
export cluster_name=(利用するKubernetesクラスタ名)
bash
export zone=(GKEのZone名)

定義した環境変数を利用してKubernetesへ接続

bash
gcloud --project=${gcp_project_id} container clusters get-credentials ${cluster_name} --zone ${zone}

Kubeconfigを生成するNamespaceを環境変数に定義

ここでデプロイ先のKubernetes Namespaceとして、チュートリアル用に新規で作成するNamespaceを指定します。 指定したNamespaceがKubeconfigを生成する際にクラスタに作成されます。 ここで指定したNamespace名は、以降の手順でCI/CDパイプラインを実行する際に、実行パラメータとして使用されます。

bash
export k8sNamespace=(デプロイ先のKubernetes Namespace名)

定義した環境変数を利用してKubeconfigを生成

Namespace作成時に yes/no を聞かれる場合は yes と入力してください。

bash
qvsctl plugin gen-kubeconfig -n ${k8sNamespace}

Kubeconfigを確認

bash
cat output.kubeconfig.yaml